顧問のメリット

問題等が起きたときに初めて、弁護士に相談したり、依頼したりすることと比べ、顧問契約を
結ぶことには、以下のようなメリットがあります。

弁護士に相談するには、通常、予約を取って、弁護士事務所を訪問して、相談するという形に
なります。また、会社や業界の事情に通じていないので、一から説明をしなければならず、
弁護士の側の調査、回答にも時間がかかる可能性があります。

これでは、タイムリーな意思決定ができません。

また、相談のたびに費用がかかるので、些細と思われる問題は相談しないことになりがちです。
しかし、些細と思われるうちに対処しておかないと、後で大きな問題になることも少なくあり
ません。

この点、顧問契約を結んでいれば、何かあればすぐに、会社の事情に通じた弁護士に、電話でも
相談できますので、タイムリーな意思決定が可能となります。

また、顧問料の範囲内で長時間の相談が可能ですので、些細なことでも躊躇なく相談でき、
問題をまだ芽のうちに摘み取ることが可能です。

問題が起こってしまった場合、損害を抑えるためには、最大限迅速に対応するのが鉄則です。

しかし、問題が起こってから弁護士を探したのでは、すぐに適任な弁護士を見つけることは
なかなか難しいはずです。また、見つかっても、御社の事情に通じていないので、
実際対処がなされるまでには時間がかかってしまう虞があります。
さらに、その弁護士の顧問先の緊急案件等が生じた場合、後回しにされる可能性もあります。

この点、顧問弁護士であれば、その会社の事情に通じた弁護士が、最優先で事件の処理を行います。

また、事件の処理においては、弁護士と依頼者の信頼関係があることが何より大事ですが、
顧問先企業との間には既に信頼関係ができておりますので、スムーズな事件処理が可能になります。

顧問契約においては、訴訟等を依頼する際の弁護士費用が割引になります。
顧問弁護士を付けている旨の表示

顧問弁護士がいる旨をウェブサイトや印刷物で表示することにより、コンプライアンスを重視
している会社であるという信用を得ることができます。また、詐欺的行為のターゲットに
なりにくいというメリットもあります。